サイトマップ

たくさん借りたくなったとき

消費者金融でお金を借りると、高額な返済で首が回らなくなると思い込んでいる人もいますが、実際はそうなりにくいようにできています。

 

消費者金融申込み後には、審査によって限度額が決定します。限度額を超えての借入はできないので、返済額も払えないほど膨れ上がるわけではありません。もちろん返済できないような借入額ではそもそも審査に通らないので、やはり無理なく返済できる範囲でしか借入れはできません。

 

しかし実際には、借入限度額いっぱいまで借りてしまい、もう少し借りたくなるという人もいます。もしももっとたくさん借りたくなった時は、他所で借りる方法と限度額を増やしてもらう方法があります。できれば限度額の増額を相談してみて、それでも駄目なら他社という順番で相談してみましょう。

 

借入先が増えると、返済の手間が2倍に増えますし、同じ合計金額でも、借入先を分散した方が金利は高くなってしまいます。カードが無駄にかさばる点を考えても、増額の方がメリットは大きいと言えます。

 

増額に応じてもらえなければ他社へ申込みですが、増額は意外と通るケースが多いです。増額が通る理由の1つに信用があります。借入や返済を続けていると、きちんと返済してくれているという実績が信用になるので、申込み時よりも増額できる可能性が高くなります。

 

増額の際にはそれまでの利用実績が重要であるため、当然ながらしっかりとした正常な返済を進めていなければなりません。地元の金融機関で借りる仙台銀行カードローンの借入れでも限度額の増額のためにはそれまでの正常な返済が欠かせないため、返済に遅れるようなことがあると限度額の増額も難しくなってしまいます。

 

どこのカードローンを利用するにも共通をしているのですが、今後の限度額の増額を考えるのであれば、返済の遅れやトラブルは抱えるべきではありません。返済のトラブルは信用情報機関に事故情報、つまりブラックとされるような情報を残す原因ともなるので、返済ができる範囲で借りるのがカードローンの基本中の基本です。